売れている人気の乳酸菌サプリメントを徹底調査

乳酸菌サプリメントと一言でいっても、
メーカーで配合されている乳酸菌の種類も
さまざま。。
たくさんあってどれを選んでよいか
わからないで悩んでいる方のために、
売れている人気の乳酸菌サプリを中心に
徹底調査しました。
あなたに合った乳酸菌サプリ選びの参考にしてくださいね。

 

おすすめの乳酸菌サプリメントBEST5

 

実際に売れていて人気の高い乳酸菌サプリメントを
実際に購入して徹底調査しました。

 

 

 

善玉菌のチカラの特徴

善玉菌の力にはカスピ海ヨーグルトの乳酸菌が1粒に
20億個以上入っています。

このカスピ海ヨーグルトの「クレモリス菌FC株」は
とてもデリケートな乳酸菌なので生きたまま腸に届けるために
1年以上試行錯誤した結果、カプセル化して生きた状態で
20億個以上の乳酸菌を凝縮させることに成功しました。
ダイエット中には嬉しい、カロリーはヨーグルトより低く、
カルシウムを70g含有しています。

価格 初回限定 1,950円(税込)カプセル(31粒) 1ヶ月分円
乳酸菌の量 1粒に20億個以上
乳酸菌の種類 クレモリス菌FC株
 

 

 

乳酸菌EC-12の特徴

乳酸菌EC-12は生きた乳酸菌ではなく
あえて死んだ菌を配合しています。
生きた菌はほとんどは胃の消化液で
死滅してしまい、腸内で有効な働きをしません。
乳酸菌EC-12は加熱処理した死菌を使っていますが、
分解されることなく腸まで届き、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の増加のサポートをします。
フェカリス菌はヨーグルトなどに含まれている菌に比べると
5分の1ぐらいの大きさしかないので、
この小さな球菌を1袋に1兆個の乳酸菌を配合することが
できたのです。
さらに善玉菌の養分となるオリゴ糖も配合することで
善玉菌をしっかりとサポートしています。

価格 初回限定 1,900円(税込)顆粒タイプ (30袋)1か月分円
乳酸菌の量 1兆個以上
乳酸菌の種類 フェリカス菌(エンテロコッカスフェリカス菌)その他の成分・ミルクオリゴ糖
 

 

 

乳酸菌とケフィアの力の特徴

乳酸菌とケフィアの力には4種類の乳酸菌を含むケフィアと、
生きたまましっかり届く有胞子性乳酸菌、
多機能性たんぱく質であるラクトフェリンが配合されています。
ケフィアの種菌は、
ロシアで厳しく管理されている
コーカサス正統種菌という、厳選された種菌を使用。
乳酸菌ととても相性のいいオリゴ糖
食物繊維もバランスよく含まれています。

価格 初回限定3,024円(税込)31包顆粒タイプ円
乳酸菌の量 不明
乳酸菌の種類 ラクトコッカス・ラクチス、ロイコノストック・メセンテロイデファシエンス、ラクトバチルス・ケフィリ、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス、ラクト有胞子性乳酸菌
 

 

 

乳酸菌革命の特徴

一般の乳酸菌は胃酸などよってほとんど死滅してしまいますが、
乳酸菌革命に配合している乳酸菌「有胞子乳酸菌」は
耐熱性に優れていて死滅せずに腸内に到達することができる

強い乳酸菌です。
さらに胃酸に強い耐酸性のカプセルを使用し、
しっかり腸内に届く
ように乳酸菌を守っています。

価格 お試し価格2,880円(税込)/粒タイプ (62粒)円
乳酸菌の量 1粒に500億個
乳酸菌の種類 ラクトバチルス アシドフィルス、ラクトバチルス ブルガリスク、ラクトバチルス ガッセリー、ラクトバチルス ブレビス、ラクトバチルス カゼイ、ラクトバチルス ヘルベティカス、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌
 

 

 

植物乳酸菌ラブレの特徴

京都の漬物「すぐき漬け」から
発見されたラブレ菌は日本人と相性の良い乳酸菌です。
動物性乳酸菌より腸で生き抜く力が強く、
生きたまま腸に届きます。
そんなラブレ菌が1粒に100億個も凝縮されて入っています。

価格 通常価格4,628円(税込)/粒タイプ (30粒)円
乳酸菌の量 100億個
乳酸菌の種類 ラブレ菌
 

腸内環境を改善する為の方法とは

 

婚活や妊活といった「○○活」などの言葉が
日常に浸透しつつある現代社会いおいて「菌活」といった言葉も時々耳にする機会があります。

 

「菌活」は体にいい影響を与えてくれる善玉菌を
含んでいる食品を出来るだけ摂取するように心がけることです。

 

例を挙げると乳酸菌、ビフィズス菌が善玉菌に該当します。

 

菌活を行うことにより腸内の善玉菌が増加し
腸内環境を改善することが出来るのです。

 

そうすることにより美容、健康、ダイエット効果が期待できます。

 

菌活により腸内環境を良くすることが出来る

 

栄養の消化と吸収を行い有害なモノに関しては
体外に排出する器官と言える腸内には大体100から500種、
100兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。

 

そんな腸内に存在する菌群は腸内フローラ(腸内細菌叢
読み方はちょうないさいきんそう)と言って菌のバランスは個人差があり、
生活習慣、年齢、ストレスの有無により変化していきます。

 

よく知られている腸内細菌は作用により3種類に大別することが可能です。

 

【善玉菌】ビフィズス菌、乳酸菌といった菌。

 

ビタミンの合成や消化吸収をサポートし、免疫を刺激し悪玉菌が増えるのを抑えてくれます。
人間にとっていい影響を与える菌を指します。健康、美肌を得る為に必要な菌なのです。

 

【悪玉菌】腸内の腐敗や細菌毒素を発生し、発ガン物質を作りだします。

 

さらにガス発生や肌荒れ、病気の原因となり老化を促す働きがあります。

 

【日和見菌(ひよりみきん)】健康な状態の時は活動することはほとんどないのですが、体が弱体化している際には悪玉菌と同様の働きをする性質があります。

 

腸内菌というのは善玉菌と悪玉菌の片方が増えると、
逆の菌は減るといった働きがあり一定量が保たれているのです。
健康な人間の腸内は善玉菌が優勢で悪玉菌の働きを抑えることが出来ますが、
いろいろな要因で腸内菌のバランスが乱れて
悪玉菌優勢となった場合は腸内環境は悪化してしまいます。
腸内で摂取した食品が腐敗してしまい、
アンモニアやフェノール、
さらにはインドールといった有害物質が発生して臭いとオナラ、
便により腸内環境が悪化したことを知ることが出来ます。

 

 

美容と健康の要となる「腸内フローラ」の存在を知っていますか?

 

腸内フローラとは、腸内に存在する超微細菌のことで、人間の腸内には数1000種類、約100兆個の菌が存在すると言われています。
最近ではこの腸内フローラが、実は人間の健康に大きな貢献をしているということが注目されてきました。
腸内フローラはその繁殖活動やライフサイクル中に人間の身体に役に立つ様々な物質を作っています。
この腸内フローラのバランスが乱れると、ある一種の細菌だけ異様に増殖したり、反対に身体に悪い影響を与える物質の分泌が増えたりといった減少がおきます。
このことからも、腸内フローラはそれ自身が保つ絶妙なバランスで人間の身体に有益な働きをしてくれるものとも言えます。

 

この腸内フローラは腸内の有機物(食べ物)をエサにして生きています。
腸内フローラを正常に保つためには、細菌のエサとなる食べ物の内容を改善することが重要です。
さらには内科手術的な手法として健康な腸内フローラを持つ人の便を移植することで腸内フローラを正常な状態に直すような移植治療もされています。
腸内フローラのバランスが良い状態にあると、体質の改善に効果があったり、病気の予防になったりするので、細菌では全く無視できない存在となっています。
ここでは良い腸内フローラの効果をご紹介します。

 

腸内フローラを整えると太りにくくなる。

 

腸内フローラは太りにくい身体をつくる、短鎖脂肪酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸といった物質を生産しています。
これらの物質が腸内でつくられ、血液を通じて身体中に行き渡ることで、基礎代謝が上がり脂肪が蓄積されにくくなることがわかってきました。

 

腸内フローラを整えるとストレス耐性がつく

 

腸内フローラに関する研究で、ストレスとの関連性も指摘されています。
実験によると、腸内フローラの一種であるビフィズス菌を取り込んだマウスと通常のマウスを閉じ込めて比較をすると、ビフィズス菌を取り込んだマウスの方がストレス数値が低いというものです。

 

腸内フローラを整えることは病気予防になる

 

腸内フローラのバランスが崩れると、大腸炎や糖尿病、動脈硬化などの重大疾患になる確率が高くなると言われています。
腸内フローラのなかにはこれらの病気の引き金となる代謝物質を作り出す細菌がいます。
これらの悪い細菌の活動を抑えるためにも、腸内フローラのバランスは非常に大切です。

 

腸内フローラを整えると免疫力が上がる

 

幼児期の腸内フローラの形成はのちの免疫力の発達に大きな影響を与えています。
例えば腸内フローラの多様性が低いと、ある特定の異物に対しての免疫が形成されず、アレルギーに代表される免疫不全系の病気になる確率が高くなると言われています。また、特定の乳酸菌の効果としても免疫細胞の活性化が指摘されています。

 

腸内フローラを整えるとお通じが快調に

 

腸内フローラは短鎖脂肪酸という大腸の働きを活発にする物質を分泌します。
また、便秘によいとされる食物繊維をとることで腸内フローラも活発になりますので、お通じと腸内フローラには大きな関連があるといえます。

 

腸内環境の状態は腸内細菌により決定する

 

腸内には数え切れないくらい多くの腸内細菌が私達人間と共存しています。

 

腸内細菌の数は100兆個でその種類は数種類だと言われていて、その細菌の集団のことを腸内細菌叢と呼んでいます。

 

そして腸内環境の状態というのは自分の腸内にどのような腸内細菌が存在しているかにより決定します。

 

腸内細菌には人間にとって有益な働きをしてくれる善玉菌が存在し、その代表的なモノが乳酸菌です。

 

乳酸菌は腸を活発にして便秘、下痢といった症状を改善してくれます。

 

メインとして炭水化物を発酵し乳酸、酢酸を作り出しますが、その他にもビタミンB群といった体の役に立つ物質も生成します。

 

腸内の善玉菌が増加すると悪玉菌が減少し腸内環境が改善されます。

 

腸がいい状態だと免疫機能がアップし、アレルギー症状が緩和されます。

 

さらに細菌やウイルスガンに対する抵抗力も上がると言うことができます。

 

そんな作用がある乳酸菌は多くの人にその作用が浸透していません。

 

ただお腹にいいだけではなくて人間は乳酸菌によって健康な毎日を送ることが出来るのです。

 

おならの臭いや便の臭いが気になる時は注意が必用

 

逆に腸内細菌の中には人に悪い影響を与える悪玉菌という存在がいます。

 

悪玉菌の代表的なモノがウェルシュ菌です。

 

そんな悪玉菌の働きとしてはたんぱく質を腐敗させてニトロソアミン、二次胆汁酸といった発ガン物質、毒性物質を生成します。

 

善玉菌は腸内で発酵を引き起こしますが、悪玉菌の場合は腸内で腐敗を引き起こすのです。

 

味噌、チーズなどの発酵食品と、腐った食品をイメージしてみて下さい。

 

発酵食品は人にとって有益ですが、腐った食品は臭いがする上に利益は全くないですし、食べると病気になります。

 

悪玉菌が腸内に増加した場合も同じことが言えます。

 

内に臭い有害ガスが沢山溜まってしまい放置すれば病気の原因となってしまいます。

 

なのでおなら、便の臭いが強い時には悪玉菌が腸内で増えているのだと認識して下さい。

 

それが悪化すると体臭、口臭にの原因となってしまいます。

 

人間の健康というのはどれだけ悪玉菌を減少し善玉菌を増加するかにょって決定します。

 

あなたの腸内環境は問題ないですか?

 

自分の腸内環境の状態をきちんと確認しておきましょう。
下記に腸内環境チェックのリストを記載しておきますので、自分に該当する項目がないか確認してみて下さい。
その際に5項目以上にチェックが入った場合は腸内環境がかなり良くない状態である可能性が高いです。
そのまま放置しておくとさらに腸内環境が悪化して免疫力が落ちてしまうので気をつけて下さい。
胃腸の状態というのは摂取した食品によりかなり左右されます。
腸内環境が悪化した場合には食生活を改善することが腸内環境の改善の近道なのです。
説明するまでもないと言えますが乳酸菌が1番の特効薬です。
善玉菌を増加し悪玉菌を減少することで胃腸の健康を取り戻すことが可能です。
乳酸菌の他にも善玉菌の餌となるオリゴ糖、水溶性の食物繊維なども腸内環境の改善には欠かすことが出来ません。
オリゴ糖を沢山含んでいる食品は豆類や豆製品、さらには牛乳、ごぼう、アスパラバス、たまねぎといった野菜です。
水溶性の食物繊維を沢山含んでいる食品は豆類と豆製品、あとはにんにく、ごぼう、さつまいも、オクラといった野菜です。
さらに不溶性の食物繊維を摂取することで便の嵩増し効果があり水分を保持してくれるのでデトックス効果が期待できます。
インゲン豆、枝豆、味噌、納豆といった豆類や豆製品、他にもきのこ類や海藻類に多く含まれます。
乳酸菌を上手に摂取しつつ今挙げた食品をしっかりと食べることで腸の健康を手に入れることが出来ます。
腸内環境の確認

日々の排便が少なく便秘症である
外食する機会が多い
食事の時間が不規則
肉を食べることが多い
野菜と果物はさほど摂取しない
牛乳、乳製品はあまり好きではない
おならが頻繁に出る、臭いが気になる
口臭や体臭が強い

免疫力が弱い
アレルギーがある
肌荒れとニキビが多い
あまり運動をしない
ストレスが溜まっている
夜寝るのが遅く、朝寝坊しがち

 

菌活するだけで体なの中からキレイになれる?

 

腸内環境を整えることが、美肌やダイエットの
近道として「菌活」に励んでいる方が
増えていると言われています。

 

以前は、便秘改善のためにヨーグルトや食物繊維が
多く含まれている野菜などを食べていたことが、
実は免疫機能をアップしたり、
新陳代謝をアップしたりと、
体に良いことをもたらしてくれるということが分かったきました。

 

きのこ類や発酵食品、乳製品など、菌活に最適な食品は身近にたくさんあります。

 

善玉菌を増やして美肌に!

腸のコンディションが悪いと、バランスの取れた食事を摂っても、
腸内での栄養が上手く吸収することが出来ません。
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、
便秘・新陳代謝の低下・肌荒れを起こしてしまいます。

 

口臭やおならは、腸内の毒素が排出出来ていないことで起きる現象です。
悪玉菌が増えると、アンモニア等のガスが溜まって、悪臭の素となるのです。

 

歯磨きやマウスウォッシュで一生懸命口臭ケアをしても効果を感じることが出来ないという方は、
食生活を見直して菌活に力を入れた方が口臭改善の近道となるかもしれません。

腸内の善玉菌を増やすには、
乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維が一番です。
特に、オリゴ糖とビフィズス菌の
相乗効果は素晴らしく、
ビフィズス菌が多く含まれているヨーグルトに
オリゴ糖を混ぜて食べると、
オリゴ糖がビフィズス菌の餌となって、善玉菌を増殖する働きをします。

 

オリゴ糖の他にも、グルコン酸を多く含むハチミツをヨーグルトに混ぜて食べると、善玉菌が増えますよ。

 

しかし、ヨーグルトなどの乳製品は、動物性脂肪であるため、
食べ過ぎると、悪玉菌が増殖したり、
白内障になりやすくなるといったデメリットもありますので、
食べ過ぎには気を付けましょう。

 

悪玉菌が増えると、便秘や肌荒れになると言いましたが、
症状が悪化すると、病気にかかりやすくなります。
腸内では、外出先で空気を介して体内に侵入してきたウィルスから体を守る働きもしていますが、
悪玉菌が増えると、免疫力が低下して、
風邪を引きやすくなったり、
急に花粉症になったりなど、病気の発症源となりやすいのです。

 

悪玉菌が増えることで、肝臓の解毒作用が間に合わなくなるといったことが起こります。
そうなると、何もしていないのに朝からだるくて疲れてしまったり、
頭痛や肩こりなどの症状に悩まされます。

 

悪玉菌が増える原因は、色々あります。
不規則な生活習慣により、
睡眠不足が続くだけでも体にストレスがかかり、
血行が悪くなったり、便秘になりやすくなります。

 

それから、食生活の乱れも悪玉菌を増やす原因となります。
毎日、揚げ物や炭水化物の多い食事をしていると、善玉菌が減ってしまいます。

 

また、運動をせずに、長時間同じ姿勢でパソコンに向かっているような仕事をしていると、
血行が悪くなって便秘をしやすくなります。

 

腸が喜ぶ食べ物とは?

 

ヨーグルトなど乳酸菌が多く含まれる乳製品は、
胃酸や消化酵素などによって腸に届く前に死滅してしまうから、
食べても便秘が改善されないといった間違った認識をされている方がいるようです。

 

しかし、乳酸菌はたとえ死滅しても食物繊維と同じように、悪玉菌に吸着して、体外に排出するという働きをしています。

 

@きのこ類

低カロリーなきのこ類は、ダイエット食材として最適なだけでなく、
整腸作用やむくみ改善などの効果があります。

 

A発酵食品

味噌・醤油・甘酒・塩麹など、古くから日本にある発酵食品には、
消化吸収をサポートしてくれる効果があります。

 

B酵母菌

ワイン・日本酒・パンなどに含まれている酵母菌には、
便秘改善効果や、血糖値上昇を抑制する効果があります。
だからといって、飲み過ぎ、食べ過ぎは逆効果となります。

 

他にも、納豆菌や酢、糠漬など、乳酸菌が含まれている食品がたくさんあります。

 

食物繊維も重要です

食物繊維は、腸内の悪玉菌を一掃して、腸内環境を良くしてくれます。
白米を食べるよりも、玄米や発芽玄米を食べた方が、
食物繊維を豊富に摂取することが出来ます。
玄米を炊く時には、水溶性食物繊維となる押し麦を混ぜて炊くと、
便秘改善だけでなく、善玉菌の餌になるのでお勧めです。
押し麦は、便のニオイも軽減するこうかもあります。
水溶性食物繊維は他にも、
ワカメなどの海藻類や里芋、納豆、オクラ、アボガド、こんにゃくなどに多く含まれています。
おやつに、寒天ゼリーを食べるのも素晴らしい菌活です。
しかし、摂り過ぎるとお腹が緩くなる場合がありますので、気を付けましょう。
不溶性食物繊維を含む食材は、ゴボウなどの根菜類や、
リンゴ、大豆、穀類などがありますが、不溶性食物繊維ばかり食べてしまうと、
逆に便秘になってしまうことがありますので、バランスよく摂るようにしましょう。

 

1000種を超える細菌が600兆個以上共生する腸内フローラ

人間の腸内フローラを構成する細菌というのは
、600兆個以上いると言われています。
そして全身の細胞数というのが37兆個なのでそれよりずっと多く、
皮膚の表面部分に存在する細胞の数億倍ということが出来ます。

 

細菌といったら悪いモノといった印象を持っている人も存在するかもしれません。
ですが人間の健康な体表には、
肌をキレイな状態に保つ為の皮膚常在菌が100万個以上存在するのです。
そして善玉菌は弱酸性の皮脂を維持することでカビ、
悪玉菌が増えるのを抑制してくれます。
腸内の乳酸菌、ビフィズス菌も同様のことが言えます。

 

腸内細菌の種類というのは1000種を超えるといわれています。
そして善玉菌の割合が多い人程
腸内フローラがいい状態で健康的だということが出来ます。

 

太りやすい、太りにくい体質も腸内フローラが決定する

 

近頃日本においても増加傾向にある
が「潰瘍性大腸炎」「クローン病」です。
どちらの病気も炎症性腸疾患と言われて
腸は頻繁に原因不明の炎症が発生します。
特に若い人に患者が多く、腸の免疫疾患と言えます。

 

免疫疾患というのは免疫バランスが乱れている時に
が出る病気でアレルギーもそのひとつです。

 

後はストレスが溜まると便秘、下痢といった症状を起しやすくなり
敏性腸症候群、遅延型食物アレルギーに関係があるといわれる
「リーキーガット症候群」みたいな、
以前はさほど問題にならなかった腸の病気が増加していると言えます。
リーキーガット症候群は炎症が起きた腸の粘膜に
すき間が生じて未消化の栄養分、
排除する必要がある異物が血液中に混じってしまう病気のことです。
だから本来なら起こる筈がない食物アレルギーの症状が出ることで話題となりました。
それでは何故そんな腸の慢性病が増加しているのでしょう。
その原因として沢山の専門家が予想しているのが
食生活の変化が背景にある腸内フローラのバランスの悪化なのです。
善玉菌が沢山存在する腸の粘膜は
いい状態を維持して活発に働くことが可能です。
ですが悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し
善玉菌が粘膜を守ってサポートする代わりに
悪玉菌がどんどん粘膜に増えてしまうのです。

そして腸の炎症が引き起こされていろいろな体の不調が出てきます。
ですが現在、腸の難病に効果があると
大学病院で研究が行われている治療法の1つに
大便投与(いわゆる便移植)というモノを挙げることが出来ます。
比較的健康と思われている人の希釈大便を患者の腸に
注入することで腸内フローラのバランスを良くする治療方法です。
臨床研究での実験が行われているから耳にしたことくらいはあるかもしれません。
「大便投与により肥満が改善されるかも」と人々の関心を集めているのです。
痩せている人、太っている人との違いは腸内フローラに違いだと実証されています。

 

ですが大便投与というのは
本来抗生物質が効かない菌に
感染し起る腸炎の治療に効果があると世界的に注目を集めています。
投与する大便の中の腸内細菌は
投与された患者の大腸に定着するといったことはないのです。
痩せた人の大便を投与して
一時的に肥満が解消されるかもしれないといった考えの医師も存在しますが
「それなら善玉菌を多く腸注した方がいい」
と主する医師も存在します。
まだ分からない点が沢山あるので応用すかどうかは事は事を運ぶ必要があります。

パワーアップした乳酸菌革命の特徴

 



乳酸菌革命」。商品名が示す通り、革命的な乳酸菌です。

 

では、まず、商品の説明の前に、現代人がどのような症状で悩んでいるか、考えてみましょう。

 

お腹がすっきりしない。
肌が荒れ気味。
毎日さわやかでない。
少々肥満気味。

 

もしあなたがそのどれかに該当するのなら、もしかしたら腸の具合が悪いのかもしれません。

 

腸には、さまざまな細菌が住んでいますが、ちょっとしたことで、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、体調がおかしくなってしまいます。

 

ちょっとした原因とは、たとえば、年齢からくる疲れ、仕事のストレス、運動不足、バランスの悪い食事、さまざまな薬物などなどです。

 

しかし、日々生活していくうえで、上記のものは避けられないものです。

 

何かいい手はないでしょうか。

 

あります。

 

「乳酸菌革命」です。

 

腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やします。そうなれば、腸もすっきり、体もすっきりになります。

 

さっそく、どんな乳酸菌が含まれているのか。見てみましょう。

 

ラクトバチルスアシドフィルス、ラクトバチルスブルガリクス、
ラクトバチルスガッセリー、ラクトバチルスブレビス、
ラクトバチルスカゼイ、ラクトバチルスヘルベティカスの6種類の乳酸菌が入っています。

 

ラクトバチルス系の乳酸菌は、
いろいろな健康効果があることがわかっていますが、

 

特に腸内環境を整える働きが強いんです。

 

この6種類の乳酸菌に加え、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガゼリ菌を含んでいます。

 

ビフィズス菌は、ヨーグルトなどでおなじみですが、大腸では善玉菌として、大いに活躍してくれます。

 

ラブレ菌は、生存力が強く、
腸内環境を整える効果が高いことで知られています。

 

ガゼリ菌も、同じような性質を持っています。

 

さらに、有胞子乳酸菌も配合。
有胞子乳酸菌は、熱や酸に強く、
腸に達する途中で死滅することがありません。

 

そして、「乳酸菌革命」は、酸やアルカリから乳酸菌を守って、
腸まで送り届けるため、耐熱性カプセルを採用しました。

 

これで、あなたの腸は万全です。これからは、
もうあの不快な悩みとは、おさらばできるかもしれません。

 

それから、もう一つ付け加えるとすれば、
余分な化学添加物を使っていないということ。
腸を守るためには、当然のことと思われます。

 

喜びの声も多数寄せられています。

 

季節によって、不調になることがあったのが、なくなったとか、
お腹がすっきりしたとか、
他社の乳酸菌にはない効果を実感したなど
それぞれご納得されているようです。

 

みなさんがたも、「乳酸菌革命」を摂って、
これまで以上に元気になってください。

 

 

植物乳酸菌ラブレは動物性乳酸菌よりも強く、日本人とも相性の良い乳酸菌です

カゴメのラブレは「植物性乳酸菌」の一種で、1993年に京都の「すぐき漬け」という漬物の中から発見されたラブレ菌を豊富に含んだサプリメントです。

 

私達は乳酸菌と聞くとヨーグルトやチーズに含まれている「動物性乳酸菌」のイメージが強いのですが、動物性乳酸菌は糖が豊富な空間という乳酸菌にとっても住み心地が良い環境で育つことから、植物性乳酸菌のように塩分や酸分が強い空間といった菌にとっては過酷とも呼べる場所で育った植物性乳酸菌と比べて動物性乳酸菌は生きる力が弱いのです。
実際に胃酸に対する耐性が大きく異なり、動物性乳酸菌の生存率が40%に満たないのに対して、ラブレ菌のような植物性乳酸菌はほぼ100%が生き残ることが出来ます。

 

私達日本人は昔から魚や穀物といった和食を食べていましたが、その際に漬物や味噌汁等から植物性乳酸菌を知らない間に摂取していました。しかし、最近では食生活の洋風化に伴い家で和食を食べる頻度が下がったことで植物性乳酸菌を口にする機会が減ってしまい、動物性乳酸菌との摂取割合が逆転してしまったのですが、長い歴史の間で日本人は植物性乳酸菌によって腸の働きを整えてきた経緯もあり、植物性乳酸は日本人と相性の良い乳酸と言えるのです。

 

ラブレ菌の大きな特徴は「高い整腸作用」です。
これは動物性乳酸菌と比べて多くの量の菌が腸まで届く上に、植物性乳酸菌は「デキストラン」と呼ばれる食物繊維と同じ働きをする多糖類を作り出します。
更に、動物性乳酸菌と同じように腸内で食べ物を分解して乳酸を生み出すことから、腸が刺激を受けて蠕動運動を活発化されることで便秘の解消にも繋がるのです。

 

ラブレ菌は整腸作用の他にも、「免疫力を高める働き」も期待されています。
乳酸菌の種類によって働きかける免疫細胞が異なるのですが、ラブレ菌はインターフェロンに働きかけるのです。このインターフェロンとは体内に侵入して来て病気の原因になる病原菌やウイルス・体内で発生したガン細胞といったものと戦うNK細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化させるタンパク質の1種なのです。このNK細胞を活性化させることで、体内で菌やウイルスが増殖する前に退治して健康を保ってくれます。

 

ラブレは便秘でお困りの方や、免疫力を高めて病気になりにくい体を作りたいと考えている方に最適の乳酸菌だといえますが、この商品はラブレがカプセル状になっているので賞味期限を気にすることもなく手軽に摂取できる点や、ヨーグルトの風味が苦手だと感じられている方にも積極的におススメしたいと思います。

善玉菌のチカラで生きて届く乳酸菌を補給しよう♪

 

塩こんぶで有名なフジッコは、10年以上もの歳月をかけてカスピ海ヨーグルトの研究に力を注いできました。カスピ海ヨーグルトには、強い粘り成分を持っているクレモリス菌FC株という乳酸菌が含まれています。通常の乳酸菌は、胃酸などの影響で死滅してしまいますが、クレモリス菌FC株は生きた状態で腸に届く強い菌です。生きたまま腸にたどり着いた乳酸菌により、乳酸や酢酸という有機酸が作られて、腸内を弱酸性に保ち悪玉菌の増殖を防いでくれます。更に、有機酸は蠕動運動を促進する作用があるため、便秘解消にも効果を発揮します。そのうえ、乳酸菌は、ビタミンB群などを腸内で合成する働きもしてくれる重要な栄養素です。

 

そんな凄いパワーを持つクレモリス菌FC株を生きた状態でカプセル化して、1粒に20億以上もの乳酸菌を凝縮させて作られたのが、善玉菌のチカラです。クレモリス菌FC株の特徴的な効果は、高い整腸作用、花粉症などのアレルギー症状の改善、免疫力アップ、生活習慣病の改善です。

 

そして、善玉菌のチカラには、ホタテ由来のカルシウムが1粒に70mg配合されていますが、乳酸菌にはカルシウムの吸収を促進する働きもあります。カルシウムは1日に650mg摂取するのが理想とされていますが、毎日しっかり必要量を補給するのは大変です。特に、更年期以降の女性は、カルシウム不足からくる骨粗鬆症に気を付ける必要があります。骨粗鬆症予防のためにも骨を丈夫にする必要がありますので、カルシウムが配合されているのは嬉しいですね。それに、海藻由来の食物繊維であるアルギン酸カリウムも配合されているので、腸内の善玉菌が増えやすく便秘解消にも効果を感じることができるんです。

 

腸内の善玉菌は、成人する頃には10%くらいしか残っていない状態なので、毎日乳酸菌や発酵食品などによって善玉菌を増やしていく必要があります。善玉菌は、加齢だけでなく、ストレスや運動不足によっても減少していきます。悪玉菌が増えると、腸内は悪玉菌優勢となり、ファーミーキューテスという悪玉菌寄りの細菌が増えて、太りやすくなってしまいます。逆に、善玉菌優勢の腸内になると、バクテロイデスという痩せやすい細菌が増えて痩せやすくなります。

 

飲みやすくておいしい乳酸菌とケフィアの力

 

毎日すっきりできない、どんよりと体が重いと悩んでいる人は多いですね。肌荒れや疲れ、下腹がぽっこりする、などいろんな悩みにつながります。健康食品でおなじみのやずやが開発した乳酸菌とケフィアの力はそんな悩みの解消に役立ってくれます。腸内環境を整えることが便秘解消だけでなく、身心の健康に役立つことが知られるようになってきました。腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増加を抑えるには、乳酸菌を取ることが必要ですね。
乳酸菌とケフィアの力には腸内環境を整えてくれる乳酸菌や成分がバランスよく入っていることが大きな特徴です。乳酸菌とケフィアの力には乳酸菌だけでなく、ケフィア、ラクトフェリン、さらに食物繊維やオリゴ糖が組み合わされて配合されています。乳酸菌は、生きて腸にまで届くことで知られる有胞子性乳酸菌を配合しています。またたんぱく質の一種であるラクトフェリンは腸の中の善玉菌をサポートしてくれます。
ケフィアはちょっと聞きなれない名前ですが、牛乳を原料にしたロシアの発酵食品です。ビタミン、カルシウムも豊富に含んでいるので美容にいいと注目されています。ケフィアは乳酸菌と酵母の両方が働いて発酵しています。4種類の乳酸菌と3種類の酵母の力で醗酵しているので、豊富な種類の菌を体内に取り込めます。やずやの乳酸菌とケフィアの力にはロシアのコーカサス正統種菌を使っています。
また乳酸菌とケフィアの力はおいしく飲めることも特徴です。成分無調整の牛乳を使用していて、ほんのりとした甘みがあります。香料などの余計な成分は入っていないので安心して飲むことができます。1日あたり1~2本をめやすに、乳酸菌とケフィアの力を飲んでいくだけです。サラサラした粉末になっていて水が無くても飲めるし、ヨーグルトなどにかけて食べても大丈夫です。スティック状の個包装になっているので、旅行や出張にも持っていきやすいですね。低カロリーなのでダイエット中の方でも毎日飲めます。使いやすさ、飲みやすさ、手軽さが人気の理由の一つです。
実際に飲んでいる人たちからは、乳酸菌とケフィアの力ならいつでもどこでも手軽に飲めるから便利、ちょっと甘くておいしいから続けやすい、と好評です。ほんのり甘い味もあって特に女性から人気が高いですね。
効果としては飲んでおくと翌日にはほぼすっきりとお通じがある、なかなか出なかったのに楽に出るようになった、など便秘解消に大変に効果があります。豊富な乳酸菌や酵母を取り込める上に、手軽で購入しやすい点が特に好評です。

 

お腹の悩みに乳酸菌EC-12がおすすめ

 

身体の健康というのは気を付けるに越したことはないのですが、その中でもお腹の健康に関しては気を付けている人も多いと思います。やはり食事は健康に対して大きな影響をしていますが、食べればお腹に溜まるものでありますが腸内環境によっては便秘になったり下痢になったりするので困ったものですね。この腸内環境の改善にはいくつかの方法がありますが、やはりメジャーなものとしては乳酸菌を取ることが大事だと言われています。この乳酸菌はいわゆる善玉菌の一種類であり、これによって腸内環境の善玉菌を増やしてバランス的にも悪玉菌に対して優勢を保つことによて腸内環境が良くなるとされています。

 

さてこの乳酸菌なのですが、主に入っている食品としてはヨーグルトなどがあり他には発酵食品としての納豆や漬物、乳製品としてのチーズや牛乳などがあります。もちろん食事から摂取できるに越したことはないのですが、実はこの乳酸菌は胃液に弱いという性質があるために、サプリメントなどで摂取する方が効果的とも言われています。今回紹介する乳酸菌の商品としては乳酸菌EC-12というものがありますが、こちらは有名な久光製薬から出されている乳酸菌の商品であり、これによって一回で一兆個もの乳酸菌を毎日摂取することができることで人気の商品となっています。

 

この乳酸菌EC-12の特徴としてまず挙げられるのが、死菌を使っているというものです。言葉の意味的に誤解されがちですが、生きている乳酸菌は上述のように胃液に弱いのですが、この死菌は特別に加工されているために胃液でも全く失われないという特徴を持っています。いわゆる腸にしっかりと届くといった乳酸菌は最近のブームですが、やはり製薬会社がしっかりと作っているので安心ですね。さらにこの乳酸菌EC-12には今注目の乳酸菌であるフェカリス菌を使っています。こちらは一つ一つがとても小さいために凝縮をすることが出来るということで、一袋に一兆個もの乳酸菌を配合出来るようになっています。そして乳酸菌と一緒に摂りたい成分として人気のオリゴ糖も入っており、これらの特徴から腸内環境の善玉菌を増やすのです。こちらはスティックタイプの粉上になっているタイプなのですが、味はブルーベリーフレーバーとなっているので飲みやすいと口コミでの好評になっています。また製薬会社ならではの製品管理や安全をちゃんと行っている点も安心して飲める乳酸菌としておすすめできる商品です。